共同リーダー作と言うことになっているけど、Shorter色の強いHancockのアルバムといった感じ。Miles5を離れて以来、本当の意味でShorterを支えられるピアニストはいなかったように思う。旧知のHancockがそんなShorterのサイドに入るというのは「昔取ったなんとか」になりそうな気もしたけど、そういうことを一切感じさせない充実した一枚になっている。NATIVE DANCERに場違いな感じで入っていた"Joannas Theme""Diana"が(本人や該当作のPDへの)当てこすりのように並べて再演されているのが笑いを誘うw

Shorterは可能であればECMあたりでキースみたいな感じになればよかったんじゃね?とか思ってしまう一枚。まぁ、私生活上の問題もあるししょうがなかったんでしょうけどね。

同じ競演でもVSOPあたりのスカスカな演奏とはぜんぜん違うのが時代なんですかね。