近所のファミマでモバイルバッテリーを3000円の半額のさらに半額で750円で売っているのだが見事にいつまで経っても売れない。(他にも小物はいくつかあるがやはり売れていない)

まあ3000mAhだから750円でもいらないわけであるが、なぜ売れ筋のものばかり置くはずのコンビニがAnkerやcheero製品を置けないのかふしぎ遊戯である。

売れないといえば先日チラと書いたがブコフでSOL23が6800円なのはちょっと驚いた。まあいらないんだけど、端末を一切持ってない人なら練習用にかなり適している気がする。
少なくてもこれを見ちゃったらsnapdragon 400で数万円する端末はあり得ない感じである。

snapdragon 400といえばzenfone 2も3の前にsnapdragon 615を積むとかなんとか言ってたっけ。どうせなら650積めば良いのにと思ったのだが、それだと「3」の意味がなくなっちゃうか。

SIMフリー機とキャリア端末の差(性能/値段の比)は広がる一方である。もはやキャリア端末は今年のiPhone 7がラストチャンスというのが自身の推測である。(もちろんショボい延命にしか過ぎない)

関連記事